自転車前かごカバーの種類

自転車の種類 自転車かごカバー

通勤、通学、お買い物、それにお子さんの送り迎えなど、毎日の生活に欠かせない
自転車ですが、自転車の性能やデザインだけでなく、最近は前かごの使い勝手まで気にされる方も多いのではないでしょうか。

生活様式が変わる中、ご近所での用事やお買い物の機会が増えて、ますます前かごカバーが注目されてきています。

前かごは、各自転車メーカーさんやOGKさんなどからたくさんの種類の前かごが販売されています。

まず、大きさ(容量)で分けるとだいたい3種類ぐらいに分類されます。
他にはカゴの材質やデザインも多種多様で、また子供載せシートを外した後のハンドルの真ん中に取り付けたタイプなどもあります。

ここでは、まず大きさに注目して分類してみました。

➀レギュラーサイズの前かご
レギュラーサイズのかご

➁ワイドサイズの前かご
ワイドサイズかごの例

➂スーパーワイドサイズの前かご
スーパーワイドサイズかごの例

普段どのくらいの大きさのお荷物を積んで運転されるのか、どんなカバンを入れられるのかを考えて、かごの大きさ(容量)から考えられると失敗しないと思います。

続いて、それぞれの前かごのサイズに対応する、当店人気の前かごカバーをピックアップしてみました。

➀MIMOSA前かごカバー レギュラーサイズ (1000363)
ミモザレギュラー
見た目のかわいさで若いママに大人気の巾着タイプ
普通のお買い物なら十分覆える要領ですが、巾着のすき間から雨が入りこむことがありますのでご注意ください。

➁ポーチ付き雨にも負けずかぶせる前カゴカバー ワイドサイズ(c004)
雨負けワイド
必要な時だけサッと取り付けられるお手軽なかぶせるタイプ
前かごに乗せるお荷物は少なめで、スタイリッシュな自転車の方におすすめしたいおしゃれなカバーです。

➂ファスー付き無地 スーパーワイドサイズ(c017)
ファスナー付きワイド
雨の日や、荷物が多い日に頼れる大容量のファスナータイプ。かごから大きくはみ出してしまうくらいお買い物をしてもしっかりおおうことができるので、雨除けにも落下防止にもなる実用的なカバーです。

いかがでしょうか。
自転車の前かごを買い替えなくても、目的やお好みに合わせてかごカバーを選ぶことによって、格段に使い勝手がよくなります。

少し古くなってしまった前かごでも、カバーで隠してしまえるので、見た目もよくなって自転車でのお出かけが楽しくなりますよ。

さらに、ショッピングセンターや駅の駐輪場などで、遠くからでも自分の自転車が見つけやすくなって便利とのお声もよくいただきます。
広い自転車置き場だと、どこに自分の自転車を停めたか、わからなくなってしまうことってありますよね。

派手な色でなくても、カバーがあるだけで意外と目立つので、ちょっとしたイライラから解放されるかもしれません。

当店のカバーは前かごの大きさに合わせて、いろんなデザインからお選びいただけます。
ぜひお気に入りを見つけて楽しく便利な自転車ライフを!

自転車13種類